イヌワシ 

イヌワシ、1971年〜73年に発行された90円普通切手です。
 
イヌワシは北半球を中心に生息し、タカ目タカ科イヌワシ属に分類され、鷲(ワシ)の一種です。
 
※鷲(ワシ)とはタカ目タカ科に属する鳥のうち、オオワシオジロワシイヌワシハクトウワシなど比較的大きめのものを指す通称。
タカ科の中でも小さめのものを鷹(タカ)と呼ぶが、明確な区分はなく、慣習に従って呼び分けているにすぎない。鷹にはオオタカハイタカクマタカなどの種がいる。
 
 
日本(及び朝鮮半島の一部)に生息するのはニホンイヌワシで、北海道から九州の山岳地帯に生息します。
日本では最大級の猛禽類で、翼開長は2mにも達します。
天狗の由来とも言われ、プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスのシンボルもこのイヌワシです。
 
通常2個の卵を産みますが、兄弟間闘争により2番目の雛の99%は死亡します。
現在日本には500羽程しか生息しておらず、絶滅危惧種に指定されています。
 
古代ローマの時代から権力の象徴として王家の紋章や部族のシンボルとして用いられてきたこのイヌワシに、生きることの厳しさと気高さを感じさせられます。